勉強コーナー

葬儀に関して?

 

①信者でない人の葬儀も教会でできますか?

 典礼というのは本来、信者が対象ですから原則的にはできません。ただ伝統的に教会は入門式を終えた求道者の葬儀は行ってきました。また日本の場合、司祭の判断によって、信者でない故人の葬儀を信者である配偶者または家族の信仰によって教会で引き受けることがあります。

  なお信者については教会の葬儀が行われなければならないと、教会法は信者の基本的な権利と教会の務めを決め、「葬儀」儀式書などの典礼書に従うことを定めています。

②ペットの葬儀は教会でできますか?

 典礼においては、ペットの葬儀も埋葬も考えてはいません。

典礼は人間のための儀式です。神の愛に対して自由に「はい」と応答する人間のためのものだからです。動物には霊魂あるいは理性、自我、自由意志がないととらえ、人間のように行いの責任はなく、人間と同様に動物を考えることはできないという西洋の哲学が根底にあります。

  しかし、現在は独り暮らしの老人など孤独な人にとってペットが果たす役割は大きくなりました。家族同様に過ごしてきたペットが死んだときの悲しみに対し、現在の教会での対応が追い討ちをかけているようです。

  ペットの葬儀をお寺でするキリスト者もいて、信仰の一貫性に反するという議論もでてきました。日本的な心情を考慮して、死んだペットへの思いをもった信徒のために、葬儀はできないにせよ、何か別の形で祈り(感謝の祈りなど)をする必要があるのではないかということを考える時期にきているようです。 日本の典礼委員会においても現在検討中です。

(カトリック生活11月号より)

そういえば!、この際!、ぜひ、 教えてほしい?
ご質問大募集中!!

過去の勉強コーナーへ

 
Copyright (C) 2012 Catholic-Toyoshiki Church. All Rights Reserved
サイト管理:シャネル フェルナンド .