平和の元后聖マリア


平和の元后聖マリア

ご存知のように私たちの豊四季教会は、柏教会時代から「平和の元后聖マリア」にささげられた教会です。
それでは、聖マリアに「平和の元后」という称号が用いられるようになったのはいつごろなのでしょうか。
柏教会出身の幸田神父様に、神学生時代に調べていただいたものをご紹介します。

平和の元后
  柏教会がなぜ「平和の元后」という名が付けられたのか、詳しいことは分かりませんが、やはり特別に平和を願ってのことだったと考えられます。
「平和の元后」という聖母マリアに対する呼び名について少し調べてみたことをご紹介しようと思います。

「平和の元后」は聖マリアの連祷からとられています。
この連祷はもともと「ロレトの連祷」といい、16世紀のはじめごろ、聖母巡礼として名高いイタリヤのロレトに始まったものです。
しかし当時の連祷には「平和の元后」という言葉はありませんでした。
「平和の元后」がこの連祷に加えられたのは比較的新しく、1915年、教皇ベネディクトゥス15世の時のことです。

  教皇ベネディクトゥス15世は1914年、第一次世界大戦が始まって間もない時期に教皇に選ばれました。
教皇は自らの精神的権威を平和再建の為に役立てようと考え、公正な和平締結のための勧告や提案を再三にわたって示しました。
  しかし、教皇の厳正中立の態度は交戦諸国の反感を買い、教皇による平和への努力はついに実を結ぶことはありませんでした。
キリスト教徒同士の戦いに心を痛め、平和を祈り続けた教皇の思いはその時代には理解されなかったようです。
  1921年に亡くなった教皇ベネディクトゥス15世の最後の言葉は次のようなものであったと伝えられています。
「我々はその生命を世界のために喜んで犠牲にしよう。」

  ベネディクトゥス15世に続く教皇たち、中でもパウロ6世は世界平和のために大きな力を傾けました。
パウロ6世教皇は、1月1日の神の母聖マリアの祭日を「世界平和祈願の日」と定め、「平和の元后聖マリア」を通して平和が与えられることを祈るよう、全世界に呼びかけました。

  このように、「平和の元后」というのは、極めて現代的な聖母の称号と言えるでしょう。


 
Copyright (C) 2012 Catholic-Toyoshiki Church. All Rights Reserved
サイト管理:シャネル フェルナンド .