カトリック豊四季教会 創立の由来 

緑豊かで、四季の花々が咲くこの教会は都会の教会とは違ったお趣を持っています。

多くの樹木に囲まれ、四季の花々が咲き誇るこの教会は人々の心をなごませ、忙しい現代人にしばしの憩いのときを与えてくれることでしょう。

この教会は多くの信徒の苦労と地元の方々のご理解があってはじめて建設できました。
当時柏地域は発展途上にあり、著しい人口の増加があり、柏に教会を作りたいという信徒の熱意により、1971年5月「柏教会」という名称で誕生しました。
初代主任司祭は浜崎正雄神父様で、1970年から創設の準備を進められましたが、残念なことに1971年2月14日、聖堂完成直前に帰天されました。
献堂式はそれから約3ヵ月後、5月5日に白柳枢機卿様司式により行われました。

創設当時の信徒数は約380人、国道16号線沿いの240坪ほどの敷地で駐車スペースもなく、聖堂はパイプ椅子を並べて、150人ぐらい収容の小さなものでした。
その後毎年信徒が著しく増加し、主日のミサは廊下まで人で埋まる状況になりました。
狭いながらも活気に満ち、家庭的な雰囲気の教会で、20年にわたり宣教・司牧の中心地として活動し、多くの信徒が誕生しました。
5人の司祭の召し出しもあり、信徒数は1500人を超えるまでに成長しました。

1988年新しい土地への移転を決意し、場所探しにかかりました。
多くの候補地の中から緑豊かで、駐車場の確保もできるこの場所を選びました。
この地は当時凹凸にみち、沼地で市街化調整区域でもあったために、開発・建設許可がでるまでには困難を極め、担当者の東奔西走のなかで、信徒の祈りと地元の方々の協力により、2年以上の歳月を要しましたが、許可をいただくことができました。

1991年9月15日 献堂式をあげることができ、教会名も豊四季教会と改名されました。
流山、柏、野田、我孫子の各市と松戸市、鎌ヶ谷市、白井市、埼玉県の一部までを含み、宣教、司牧の中心とし、発展しつつあります。
現在は松戸教会、亀有教会と当教会の3教会が東葛飾宣教協力体となり、千葉県東葛飾地区の宣教・司牧にあたっています。

当教会は、聖母マリアのご保護を願って、「平和の元后聖マリア」に捧げられています。

 

Copyright (C) 2012 Catholic-Toyoshiki Church. All Rights Reserved
サイト管理:シャネル フェルナンド .